使用人数に合わせて取り付けする給湯器とは

タイムリミットと費用

給湯器

タイムリミット

長年使っていた給湯器が故障してしまうと、お湯が使えなかったりお風呂に入れなかったりと何かと不便をかけてしまいます。給湯器が故障したら業者に修理を依頼しますが、使用年数が長い給湯器だと修理が受けられない可能性があります。何故なら、使用している給湯器の部品がなくなってしまっていることがあるからです。メーカーでは生産が終了してから、10年間部品を保管しているのが一般的です。そのため生産終了後、10年経過してしまうと部品交換ができなくなって、修理が受けられないというケースが多くなります。そうなると修理でなく、給湯器交換で対応せざるを得なくなります。このように、修理にはタイムリミットがあることを念頭に置いておくと良いです。

費用

給湯器が故障してしまうと修理を業者に依頼することになりますが、気になるのはその費用ではないでしょうか。まず修理を受ける前に、対象の給湯器が保証期間内であるかをチェックしましょう。保障期間であれば無償で修理を受けることができます。もし保証期間を過ぎていれば有償となりますが、どのくらいかかるかは住んでいる場所や故障の程度によって変わってきます。まず必ずかかる費用に出張費があります。これは修理ができてもできなくても発生します。出張費は住所によって異なりますが、2〜3000円程度はかかると考えておきましょう。また故障内容によって取り換える部品も変わってきます。部品代もピンキリで、高いと2〜30000円程度します。これに技術料も加わり、数千円から30000円程度必要です。このように修理にかかる費用は、出張費+部品代+技術料となります。