使用人数に合わせて取り付けする給湯器とは

効率良く給湯するために

湯沸かし器

一般家庭で活用されている給湯器の特徴としては、大きく分けて2つのタイプの製品があります。ひとつは少ないお湯をすぐに給湯する事が出来る瞬間湯沸かし器タイプの給湯器と、もうひとつは大容量のお湯を効率良く使用する事が出来る給湯器とがあります。瞬間湯沸かし器タイプの給湯器はガス給湯器が主です。ガスは熱変換効率が高く、水を短時間でお湯にするためには石油と比べて有利です。一方、ガス給湯器のデメリットとしては、お湯を沸かす時にコストがかかる事です。多くのお湯を沸かす用途としては、ガス給湯器はあまり向いていないと言えるでしょう。しかし石油給湯器と比較して短時間でお湯を沸かす事ができるため、台所での活用などに向いている給湯器と言えます。

多くのお湯を一度に使う場合には石油給湯器を活用して工夫してみましょう。石油でお湯を沸かすタイプのメリットとしては、少ないコストで大量のお湯を沸かすのに有利な湯沸かし器となっています。こうした理由から、お風呂を沸かすときはガスでお湯を沸かすよりも、石油でお湯を沸かした方が効率が良いのが特徴となっています。家族の人数が多い家庭などではお風呂を給湯する際に、石油でお湯を沸かす給湯製品の方が効率が良く、安くお湯を沸かす事が可能です。ガスでお風呂のお湯を沸かす時には昔ながらの風呂釜タイプが有利です。風呂釜には熱交換器が機器内に設置されているという理由から、一度お風呂に水を張っておけば水を温めながら追い炊きでき、瞬間湯沸かし器よりも効率の良いガス給湯ができます。